昔は肌が赤く荒れてたんです

私は今では大人ニキビに悩んでたんですが昔は思春期特有の赤いニキビに悩んでたんです。

あの頃はまだニキビ関連の知識も薄かったころなんでつぶしたりしてたんですよね。

でも母の勧めで一度皮膚科に行って正しい対処法というのを学んで何とかやり過ごしてました。

つぶしちゃった分の跡は今でも残ってますけど・・・

なので今現在赤いニキビに悩んでる人は一人で悩んでないで相談できるところに行ったほうが解決が早くなります。

 

病院が難しいという人のために私が当時受けたアドバイスをかいつまんで紹介したいと思います。

当時とはちょっと情報が違うかもしれないですが大きくは間違ってないはずです。

 

原因は肌の薄さ?

この赤い肌の原因をまず追ってみるとその肌の薄さが理由だったんです。

肌が薄くなることで血管の赤色が浮き上がるのと同時に、その免疫力さえも落ちてしまうんです。

その結果、炎症などが起こるという流れです。

 

免疫が落ちるというだけでなくその暴走も原因の一つです。

外からのバイ菌を倒すためだけに作用すれば一番いいんですが、その除菌作用を手当たり次第に使ってしまうことがあるんです。

正しい菌まで殺してしまうのでそこでもまた肌がダメージを受けてしまいます。

 

なので、この赤い状態を改善するには免疫を上げなければいけない。

免疫を上げるためには肌の薄さを改善することが第一になってくるんです。

 

どうやって治す?

自然治癒ということは難しいので化粧品で治していきます。

その子で重視する成分は保湿がしっかりしてるもの。

 

それと合わせて角質をケアできる成分が入ってるとベストです。

保湿をすることで無駄な油脂や汚れが体から出てくることを防ぎます。

それと同時に清潔な状態に保つこともできるのでぴったりの成分なんです。

 

私はこの保湿成分たっぷりの化粧品を使ってどんどん良くなってきました。

あなたも今使ってるものがそこまで保湿を重視してないものならばちょっと変更してみてはどうでしょうか。

保湿したときのうるおい感ってかなり気持ちいいですよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です