ニキビができてるときの顔の洗い方

私は昔、高校生の頃からニキビがかなりできやすい体質なんです。

思春期前はそうでもなかったんですが一度でき始めらたら止まらなくなってしまったんですね。

なのでそういったニキビ中の洗顔、取り扱いには結構慣れてるつもりです。

ここではそんな対処に方法を話していきたいと思います。

 

たくさん顔を洗えばいいってもんじゃない!

よく勘違いしてしまうのがニキビができたんならその分たくさん洗ってきれいにしなきゃいけないということ。

でも私の経験上、たくさん洗うと逆に肌が傷むことがあるんです、

 

ニキビというのはそもそも肌が炎症を起こしてること。

そこをごしごし洗って刺激を多く与えるっていうことはデメリットにもなりかねないということなんです。

回数としてはせいぜい1日2,3回が限度でしょう。

それも時間を話して朝と夜というように分けて洗うといい感じです。

 

洗顔料を選ぶ

水で洗うだけでもそれなりに汚れは落ちるんですが余計な油や毛穴に詰まった汚れというのはなかなか落ちてくれません。

この汚れが炎症を起こしてニキビを引き起こすのでしっかり洗い落としておきたいところ。

それには洗顔料をしっかり使うことがポイントです。

 

その選ぶポイントとしては肌に優しいものであること、汚れがしっかり落とせるものであることの2点。

上でも話しましたが顔を洗ってニキビを傷つけてしまっては元も子もありません。

肌の優しい基準というのは酸性などの強い成分でないこと、泡がきめ細かくたくさんできること。

このあたりを気を付けていれば大きな間違いはないかなと思います。

 

あと、私が昔体験した話としては洗い上がりに肌がピンと張ってる感覚、突っ張ってるというんでしょうか、そんな感覚があるものはあまり有効ではありません。

必要以上に油を流してしまった感じがするんですよね。

 

洗顔料といってますが石鹸でも大丈夫です。

その際には成分などをしっかりと確認して購入してくださいね!

 

ちなみに私はこの洗顔料選びをミスってかなり肌が荒れたことがあります・・・

かなり強い接近作用のあるものを選んでしまったようでかなリヒリヒリしてました。

あなたはこんな失敗しないようにしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です